メルカリで送料を安くする方法まとめ!おすすめのサービスは?

oMSja2D2UZjNLDc1431865701_1431868862

 

メルカリで出品して初めて
売れたけど送料で赤字になった。

そんな時ってありますよね?

 

特に、初心者の方で発送方法などに
あまり詳しくない…なんて人も
多いのではないでしょうか。

私も、最初の頃は送料で
赤字なんてよくありましたよ。

 

そこで今回は、初心者の方のために
送料を安くできるサービス
まとめてご紹介させていただきます。

参考になれば嬉しいです。


Sponsored Link


郵便局のクリックポスト

郵便局やポストから発送ができ、
送料が一律164円というものです。

普通の封筒などで簡単に発送可能。

 

クリックポストは、サイズが長辺34cm以下
短辺25cm以下、厚さ3cm以下
重さ1kg以内であれば、
洋服や本なども発送できます。

 

しかも、自宅で宛名ラベルに印刷するので
手書きで宛名を書く手間も省けるんです。

なので、大量に発送がある場合などは
特にオススメですよ。

 

発送可能なものとしては、

  • 洋服
  • 書籍やコミック
  • DVDやブルーレイ
  • ハンドメイド品や化粧品、お菓子

といった、比較的軽くて
厚さのないものが送りやすいですね。

 

クリックポストのメリット・デメリットは
以下の通りです。

メリット

  • 送料が全国一律
  • 発送賞品の追跡ができる
  • ポスト投函で発送が簡単にできる
  • 重さ1kgまでの荷物を発送可能
  • 日曜祝日にも配達される

デメリット

  • 保障なし
  • 大きさや厚さ、重さに制限あり
  • 事前にWEBサイトに登録が必要
  • 宛名ラベルを印刷するのにプリンターなどが必要

 

先ほども説明しましたが、
大きさや厚さ、重さにも制限がありますので
そこだけは注意しましょう。

追跡はついていますが、
荷物が紛失した時の保障はついていません。

 

クリックポストWEBサイト
登録をしなければ、利用できませんので、

登録が面倒な方には
あまり向かないかもですね。


Sponsored Link


郵便局のレターパックプラスとライト

こちらは比較的有名な発送方法なので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

こちらも郵便局のサービスになります。

先ほどのクリックポストと違って、
郵便局か提携しているコンビニで
レターパックという封筒を購入し、
その後はポストで発送するというものですね。

 

  • レターパックプラス

料金510円。

A4サイズで4kgで封筒の封が
閉じられたら厚さなど関係なく発送可能。

 

  • レターパックライト

料金360円。

A4サイズで4kgの厚さ3cm以内の
物を発送可能。

 

2種類とも、専用の封筒が
コンビニや郵便局で売られています。

ちなみに、取り扱いしていない
コンビニもありますので注意しましょう。

 

取り扱いされてるコンビニは、

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • サークルKサンクス

などになります。

 

有名どころのセブンイレブンや
ファミリーマートでは取り扱っていないので
その点は特に注意が必要ですね。

 

私も、以前はどこでも取り扱いしているだろうと
勘違いしていて、セブンに買いに行ったら
なかったなんて失敗もありました。

それからは、ローソンで購入したり、
郵便局で買って荷物を詰めて
そのまま発送したりしていますが、
本当に便利ですよ。

 

メリット

  • 料金が重さや大きさに関わらず一律
  • 追跡がついている
  • 早ければ翌日には配達される
  • レターパックプラスの方であれば、
    かなり大きいものまで発送できる

デメリット

  • 料金が一律ではあるが少し高い
  • 取り扱っているコンビニが限られている

 

ちなみに私は特に値段が高いものを
これで発送しています。

値段が高い物は無くなると大変なので、
出来るだけ荷物の追跡がついている
発送方法を選ぶと良いですね。

 

大体、翌日には配達されているようなので
売り上げもすぐ入りますよ。

 

 

郵便局のゆうメール

ゆうメールは、先ほどのレターパックなどと違い
専用の封筒ではなく普段使用している
封筒やラッピング用の袋を使って発送します。

発送は基本的に郵便局の窓口ですね。

 

ただ、発送の際に中身を確認されるので、
中身が分かるように透明な袋にするか、
開けて中身を見せる必要があります。

中身の見えない封筒などを
先に閉じてしまうと、

窓口で開けることになるので
その点は注意しておきましょう。

 

ゆうメールは、3kgまでの荷物を
発送できます。

 

送料は以下の通りです。

  • ~150g→180円
  • ~250g→215円
  • ~500g→300円
  • ~1kg→350円
  • ~2kg→460円
  • ~3kg→610円

 

発送可能なものは、

  • 雑誌・書籍・本など
  • CDやDVD、ゲームソフトなど
  • ポスターやカレンダーなど
    筒状に梱包されているもの

など、小型のものから
変わった形の大型のものまで
発送することが可能です。

 

サイズは縦×横×高さが170cm以内
ものであれば発送可能なので、

大体普通サイズのダンボール程度であれば
発送できると考えておきましょう。

ただし、重さは3kgまでなので
その点は注意が必要ですね。

 

発送の際には、封筒や袋にゆうメールと
ペンやマジックで書いておく必要があります。

なお、信書や手書きの紙などは
法律の関係で発送することができません。

うっかり発送してしまわないように
しておきましょう。

 

メリット

  • 本などをまとめて発送する時に
    重さによっては送料が安くて便利

デメリット

  • 郵便局で中身確認があるので
    封を開けておく必要がある。
  • 重さによっては送料が高くなる

 

ちなみに私は、本やゲームなどを
発送する時に使っています。

普通郵便や定形外の郵便と比べて
安い場合もあれば高い場合もあるので、

実際に郵便局に持ち込んで
送料の安い方を選ぶと良いでしょう。

 

 

郵便局のスマートレター

こちらは基本的に東京都内や千葉県、
埼玉県、神奈川県、静岡県限定の
購入・発送方法になります。

郵便局やコンビニで購入・発送可能で、
薄くて小さいものを発送するのに
便利な方法ですね。

 

サイズとしては、
A5サイズ(25cm×17cm)の
厚さ2cmの1kgまで。

料金は一律180円になります。

 

ちなみに、スマートレターは
基本的には都内周辺限定なのですが、
通販での購入も可能となっています。

一応、専用の封筒を購入さえすれば
地方の人でも発送は可能なので、

薄くて小さいものをよく発送する場合は
購入しておくと良いですね。

 

購入の際は、郵便局のオンライン通販サイト
「切手SHOP」にて買いましょう。

 

スマートレターで発送可能なものは、

  • 書籍
  • CDDVD
  • 化粧品
  • スマホケースやストラップ
  • 文房具
  • ハンカチ

などの薄くて軽いものですね。

 

メリット

  • 料金が一律で安い
  • 東京都内や簡単に買える場所なら便利

デメリット

  • 追跡なし
  • 地方では郵便局やコンビニで売っていない
  • オンライン通販ではバラで買えない
  • 損害賠償はついていない
  • 速達ではなく普通郵便と扱いは同じ

 

普通郵便で送ると少し高くなる場合などに
使うと便利ですよ。

 

また、オンライン通販では
20枚単位で売られていますので、

大量に発送やこまめに分けて使う方には
特におすすめです!

ただ、追跡や速達がついているものが
安心だし良いという方には、

別の発送方法にしたほうがいいかも
知れませんね。

 

 

ヤマト運輸のネコポス

ここまでに出てきた
郵便局のサービスと違って、
こちらはヤマト運輸のサービスになります。

ネコポスは、最近CMやネットでも
よく紹介されていたりしますよね。

 

基本的にはヤマト運輸の直営店に
持ち込んで発送する形になります。

発送可能なサイズは、
角型A4の厚さ2.5cm以内、
重さは1kg以内です。

 

料金は一律ではなく
商品の数などによって変動し、

1個あたりの上限金額は
378円となっています。

他のサービスよりかは
少し割高になっていますね。

 

メリット

  • 荷物の配達状況も追跡がついている
  • 荷物紛失などによる損害の保障あり
  • 宅配便と同じなので全国翌日に配達される

デメリット

  • 料金が他のサービスと比べてやや高い
  • 元々事業者向けなので契約が必要
  • ポストやコンビニから発送できない
  • ヤマト運輸の直営店などから発送しなければならない

 

料金が他のサービスに比べて高いのですが、
基本的に翌日配送される点が
最大のポイントです。

全国どこでも翌日に届けられるので、
急ぎの発送の場合などは
安くて便利な発送方法になります。

 

ただ、基本的にヤマト運輸の
直営店でしか発送できないので、
そこがネックになっています。

電話で集荷を頼めば、家まで荷物を
取りに来てもらうことも可能なので、

場合によってはそういった方法も
利用するようにしていきましょう。

 

 

まとめ

今回は送料を安くできる方法を
おすすめサービスごとにまとめて
ご紹介させていただきました。

いかがだったでしょうか?

 

小型のもので料金一律で
おすすめのサービスは

  • 郵便局のクリックポスト
  • 郵便局のスマートレター
  • 郵便局のレターパックライト
  • ヤマト運輸のネコポス

これらが、便利ですよ。

 

厚さや重さに制限はありますが、
そこまで厚さのない場合などは
特におすすめですね。

 

厚さがあって
少し大型のものなら

  • 郵便局のレターパックプラス
  • 郵便局のゆうメール

などがおすすめですね。

 

ちなみに、これ以外にも郵便局では
定形外の郵便なども利用できますよ。

これをよく利用している方が
多い印象があります。

重さによって送料が変わってくるので
必ずしも安いとは限らないのですが、
こちらもおすすめですよ。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ