メルカリ出品時のトラブル対策法まとめ

Q2In0ojorEN3abb1433856540_1433856874

 

メルカリで出品をしていると
色々なトラブルが起きることって
ありますよね。

 

「購入者の方とトラブルになったけど
こういう時どうしたらいいのか分からない」

 

そこで今回は、そんな時におすすめの
メルカリ出品時のトラブル対策法を
まとめてご紹介させて頂きます。

是非、参考にしてみてくださいね。


Sponsored Link


いつまで経っても評価をしてくれない

商品が届いているのに
購入者の方がなかなか評価を
してくれないことってありますよね。

こういったトラブルの時の対策としては、
まず購入者の方に取引メッセージから
連絡して話し合いましょう。

 

購入者の方に評価をしてくれない
理由を聞いてください。

商品に不備がないのであれば、
評価してくれるように促しましょう。

 

話し合いで解決するのが一番ですが、
購入者の中には

「商品が気に入らないから評価したくない」

という方もいますので、
そういう場合にはメルカリの運営に
一度相談してみましょう。

 

メルカリ運営が受け取りの
手続きをしてくれます。


Sponsored Link


返品、返金を求められた

返品・返金を求められることも
よくあるトラブルですよね。

こういった場合は、
出品者側に落ち度があったか
なかったかで話が変わってきます。

 

落ち度があった場合は、
基本的に返品・返金に
応じる必要があります。

 

例えば、以下のような理由などは
応じる必要がありますね。

  • 商品に不備あった
  • 商品の内容が説明文と違う

 

中にはクレームや返品を
受け付けないといったコメントを
書いている出品者の方も居ますが、

返品・返金しないといった行為は
規約で禁止されていますので
必ず行わないようにしましょう。

 

一方で、出品者に落ち度がないのに
購入者の都合で返品や返金を
求められた場合は、応じる必要はありません。

 

落ち度がないので返品・返金には
応じられないということを
購入者の方に伝えましょう。

もしそれでも相手が納得せず、
解決しない場合は、メルカリの運営に
お問い合わせしてください。

 

こういったトラブルは比較的多いので、
トラブルを防ぐために普段から
商品説明文に商品の状態を詳しく書いたり、

画像で商品の状態が把握できるようにするなど
しっかりと対策をとっておくと良いですね。

 

「神経質な方は、お控えください」など、
商品説明文に一言書いておくのも
おすすめです。

 

 

購入者に商品が届かなかった

発送した商品が購入者に
届かないというパターンも
比較的よくあるトラブルです。

 

こういった発送事故で商品が
届かなかった場合は、郵便局に
発送事故の調査依頼を出しましょう。

ただし、荷物の追跡がついていない
発送方法で発送した場合は、
見つからない可能性が高いです。

 

もし見つからない時には、
受け取り通知をして貰うか返金をするか
購入者の方と相談して決めましょう。

 

また、こういったトラブルを防ぐには、

「荷物の追跡がついていない
発送方法でおきた発送事故は
保障できません」

など、発送前に購入者に伝えておくと
トラブルの原因は軽減できるはずです。

 

 

発送した商品が返ってきた

発送した商品が手元に返ってきた場合は、
発送先の住所が間違っていないか
まず購入者の方に連絡をしましょう。

確認をした後に、問題なければ
商品を再度発送してください。

 

こういった場合によく問題になるのは、
どちらが送料を負担するのか?
ということです。

これも基本的には
どちらに落ち度があるのかで
決めるとスムーズに対処出来ます。

 

住所の書き間違えなど
出品者に落ち度があった場合は、

基本的に自己負担で商品を
再度発送することになります。

購入者が登録した住所に
不備があった場合は、購入者の方に
送料を負担してもらいましょう。

 

 

商品の購入をキャンセルしたいと連絡があった

商品の購入をキャンセルしたいと
言われることも、出品者からすると
メルカリではよくあるトラブルと言えます。

 

こういった場合、基本的には
キャンセルに応じておきましょう。

そのまま再出品して、
他の方に販売してしまえばOKです。

 

その方が出品者としては
余計なやり取りをしない分
負担も少ないですし、

なかなか評価をつけてもらえない、
悪い評価をつけられるなどの
リスクも避けることが出来ます。

 

なお、キャンセルに応じる場合は、
商品代金が既に払われているかどうかで
手続きが変わってきます。

 

商品代金が未払いの場合は、
そのまま2日ほど購入者の方の
支払いがなければキャンセル手続きを
出来るようになります。

 

既に支払い済みの場合は、
双方同意の上でメルカリの運営に
キャンセル手続きの申請をしましょう。

そうすれば、
購入者の方にメルカリ運営側から
返金されるようになっています。

 

 

まとめ

今回は、メルカリ出品時の様々な
トラブルに対する対策法を
まとめてご紹介させて頂きました。

 

トラブルがおきない様に対応していても
やはりトラブルになる可能性はあります。

 

メルカリ上で取引をしていると、
こういったトラブルに合う確率は
かなり高いと言えますね。

そのため、もし今あなたが
トラブルになっているのであれば、

ぜひ今回の記事を参考に
対応してみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ